元保護者会長に無期懲役=「卑劣で悪質、衝撃大きい」-小3女児殺害・千葉地裁

社会

千葉県松戸市のベトナム国籍の小学3年レェ・ティ・ニャット・リンさん=当時(9)=が殺害された事件で、リンさんが通っていた小学校の元保護者会長で殺人や死体遺棄などの罪に問われた渋谷恭正被告(47)の裁判員裁判の判決が6日、千葉地裁であり、野原俊郎裁判長は「卑劣、悪質で、社会や学校教育に与えた衝撃、不安などは計り知れない」と述べ、無期懲役(求刑死刑)を言い渡した。弁護側は即日控訴した。

野原裁判長はリンさんの遺体から検出されたDNA型について、渋谷被告のものが含まれていると認定。「被告が犯行の際に被害者の腹部にDNAを遺留した犯人だと強く推認される」と述べた。

被告の車からリンさんの血液が検出された点についても、車内の広範囲に付着していたとして、「通常の乗車では考えられない」と指摘。事件前に乗った際に付いたとする弁護側主張を退けた。

その上で、「鑑定資料が捜査機関に捏造(ねつぞう)されたと主張するなど不合理な弁解をしており、反省の態度は皆無」と厳しく批判した。一方で、「殺害手段、方法の執拗(しつよう)性、残虐性が高いとは認められず、殺害自体に計画性がない」と死刑回避の理由を述べた。

判決によると、渋谷被告は昨年3月24日、リンさんをわいせつ目的で車で連れ去った上、首を絞め窒息死させ、遺体を同県我孫子市の排水路脇に遺棄した。

殺害されたレェ・ティ・ニャット・リンさん

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 裁判