加藤剛さん死去=「大岡越前」、映画や舞台で活躍-80歳

社会 文化

テレビ時代劇「大岡越前」や映画「砂の器」などで知られる俳優の加藤剛(かとう・ごう=本名たけし)さんが6月18日午前10時11分、胆のうがんのため死去した。80歳だった。静岡県出身。故人の遺志により28日に家族葬を行った。お別れの会を9月22日に東京都港区六本木4の9の2の俳優座劇場で開く。

早大で演劇を学んだ。俳優座養成所に入り、1962年に出演したテレビドラマ「人間の條件」で注目を浴びた。64年の俳優座入団後は同劇団の看板俳優の一人として「コルチャック」や「わが愛」3部作など数々の舞台に出演した。

舞台俳優のキャリアを積む一方、端正な容貌と舞台出身ならではの口跡の良さを買われ、映画やテレビドラマでも活躍。特に70年にスタートした「大岡越前」で演じた町奉行役は当たり役となり、約30年間にわたる長寿番組として視聴者に親しまれた。

知的で誠実な二枚目役を得意としたが、映画「砂の器」では、殺人を犯すエゴイスティックな天才ピアニストを好演。この他の代表作に映画「戦争と人間」「忍ぶ川」、NHK大河ドラマ「風と雲と虹と」「獅子の時代」など。最近では今年2月に公開された映画「今夜、ロマンス劇場で」にも出演していた。

2001年紫綬褒章、08年旭日小綬章受章。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 芸能 訃報 東海