安倍首相、欧州・中東訪問を中止=豪雨対応優先

政治・外交

安倍晋三首相は9日、西日本を中心とする豪雨災害への対応を優先するため、11日から予定していた欧州・中東訪問を中止することを決めた。豪雨による死者・行方不明者が多数に上り、被害規模も拡大すると予想される中、国内を不在にすれば批判を招きかねないと判断した。

菅義偉官房長官は9日午後の記者会見で、首相の外遊取りやめを発表した。理由について「救命救助、復旧支援など災害対応に万全の対応を期すため」と説明した。

首相は9日午後、首相官邸で自民党の二階俊博幹事長と会談した際、外遊中止について「やむを得ない」と伝えた。立憲民主党など野党からは海外出張を延期するよう求める声が出ていた。政府関係者によると、首相は11日にも被災地を視察する方向。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

災害 時事通信ニュース 外交 西日本豪雨