豪雨被害に予備費20億円=安倍首相、あす岡山視察

政治・外交 社会 暮らし

安倍晋三首相は10日午前、西日本を中心とする豪雨被害に関する政府の非常災害対策本部の会合で、災害対応に2018年度当初予算の予備費を活用する方針を示した。菅義偉官房長官は記者会見で、予備費約20億円を充てると説明。被災地への緊急支援物資に使う考えで、活用額はさらに増える見通し。

首相は官邸で開かれた対策本部で、円滑な物資供給に向け「コンビニなどへの物資輸送車両を緊急車両扱いとするなどの措置を講じる」と説明。被災自治体と連携し、被災者支援に全力を挙げる方針を確認した。

首相はこの後、被災者生活支援チームの初会合で、11日に岡山県内の被災地を視察すると明らかにした。首相は「被災地の現場を順次訪問し、被災者、被災自治体の要望をうかがう」と述べた。

非常災害対策本部会議で発言する安倍晋三首相(右から2人目)=10日午前、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

災害 時事通信ニュース 政府・内閣 防災政策・災害対策 豪雨 水害 西日本豪雨