福島の酒に最高賞=国際品評会-英

社会 暮らし

【ロンドン時事】醸造酒の国際的な品評会として知られるインターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)の授賞式が10日夜、ロンドンで開かれ、今年の日本酒部門の最高賞「チャンピオン・サケ」に福島県の奥の松酒造の「奥の松あだたら吟醸」が選ばれた。

同社の遊佐丈治代表取締役は受賞後、「創業302年目になるがこのような偉大な賞は初めてで、非常に光栄だ。(原発事故に伴う)風評被害はあるが、おいしいお酒をつくって世の中に提供する」と語った。受賞した日本酒は「インパクトがあるが、滑らかに飲める」(遊佐氏)のが特長で、価格も1000円強という。

IWCの日本酒部門は2007年に始まり、今年は1639銘柄が出品された。最高賞のほかに、コストパフォーマンスに優れた「グレートバリュー・アワード」は京都府の月桂冠の「月桂冠特撰」が受賞。最優秀醸造家賞には山形県の東北銘醸が選ばれた。

醸造酒の国際的な品評会として知られるインターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)の日本酒部門で最高賞を獲得した奥の松酒造の遊佐丈治代表取締役=10日、ロンドン

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 食=美食・食の安全 社会一般