彫刻家の流政之氏死去=95歳、NY貿易ビル前に作品

社会 文化

2001年9月の米同時多発テロで崩壊したニューヨークの世界貿易センタービル前に設置された「雲の砦(とりで)」などで知られる彫刻家の流政之(ながれ・まさゆき)氏が7日午前、老衰のため死去した。95歳だった。葬儀は本人の希望で行わなかった。

長崎県生まれ。第2次大戦から復員後、独学で彫刻を学び、作品の深い精神性が国内外で高く評価された。1975年制作の「雲の砦」は約250トンの石を用い、同時テロでも無傷だったが、後に救助活動のため撤去された。

高松市を拠点に創作を続け、日本建築学会賞、日本芸術大賞などを受賞した。

彫刻家の流政之氏(流財団提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 訃報 四国 九州