プロ野球巨人、老川オーナーが辞任=一連の不祥事で引責

スポーツ

プロ野球巨人は17日、老川祥一オーナー(76)が一連の不祥事の責任を取って辞任したことを発表した。後任は未定。石井一夫球団社長、鹿取義隆ゼネラルマネジャーにも報酬の一部を自主返納する処分を科した。石井球団社長は読売新聞東京本社で記者会見し、「今後、不祥事の再発防止に全力で取り組んでいきたい」と話した。

巨人では柿沢貴裕容疑者が同僚選手のユニホームを盗んだとして、7日に契約を解除され、神奈川県警に8日に逮捕された。球団の調査では、約110点の野球道具を盗んで転売していたことを認めた。6月には、飲食の席で裸になった篠原慎平投手の動画を河野元貴捕手がインターネット交流サイトに投稿し、出場停止と罰金を科された。

老川氏は球団を通じ、「自分の身を処することによって、選手、球団職員が一体となって規律を引き締め、再発防止にしっかり取り組んでいってもらいたいと思う」と談話を出した。

老川氏は、野球賭博問題で白石興二郎オーナーが引責辞任したことを受け、2016年3月に就任した。

老川祥一氏

記者会見する巨人の石井一夫社長=17日午後、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース プロ野球 スポーツ