健康増進で保険料割引=最大3割、住友生命が新商品

経済・ビジネス

住友生命保険は、健康維持を心掛けた生活ぶりなどに応じて最大3割の保険料割引が受けられる新商品「Vitality(バイタリティー)」を24日に発売すると発表した。適度な運動など健康につながる行動を契約者に促し、病気や死亡のリスクを減らす健康増進型の保険。他の保険会社でも取り扱いが増えており、普及が進みそうだ。

新商品は、主力の死亡、医療保険などの特約として加入する。加入すれば「健康意識が高い契約者」とみなされ、それだけで死亡、医療保険料が本来の水準から15%安くなる。

さらに「健康診断の結果が基準の範囲内」「フィットネスジムに行く」などの項目を点数化。毎年の獲得ポイントに応じて4段階にランク分けをし、最大で30%の割引となる。一方、ランクが低いと毎年保険料が上がり、最大で10%高くなる。

住友生命の橋本雅博社長は17日の発表記者会見で「健康長寿社会の実現を目指したい」と語った。今後10年で500万件の契約獲得を目指す。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 新製品