サッカー本田選手が企業投資=米俳優ウィル・スミス氏と

経済・ビジネス スポーツ

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場した日本代表の本田圭佑選手が、米国の俳優ウィル・スミス氏と組み、ベンチャー企業投資に乗り出す。1億ドル(約110億円)を目標に機関投資家や個人から資金を集め、米国で事業を展開する。

18日発表した。本田氏らはベンチャー投資ファンド「ドリーマーズ・ファンド」を米国に設立。創業から間もない「スタートアップ」と呼ばれる企業に出資する。日本からは野村ホールディングスも参加する。

本田氏のマネジメント会社によると、スミス氏のネットワークなどを活用し、日本人だけでは情報収集・参入が難しい米国でのスタートアップ企業投資で有望な機会を探る。二人が事業者と直接面談し、投資するかどうかを決めることもあるという。

本田氏は18日、ツイッターで「困難に向かって新しい挑戦をします」とコメントした。

ベンチャー企業投資に乗り出すサッカー日本代表の本田圭佑選手=撮影は6日、大阪府庁で

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 新会社 サッカー日本代表 スポーツ ベンチャー 米国