岐阜・多治見で40.7度=40度超、5年ぶり-猛暑連続、熱中症警戒・気象庁

社会

日本列島は18日、北海道と東北地方北部を除いて気温が上昇し、特に東海と近畿で記録的な猛暑となった。気象庁によると、18日午後2時半に岐阜県多治見市で40.7度、同19分には同県美濃市で40.6度を観測した。国内で最高気温が40度を超えたのは約5年ぶり。

5年前の2013年8月12日には高知県四万十市の「江川崎」観測点で全国観測史上最高の41.0度を記録し、翌13日には40.0度を観測した。多治見市は07年8月16日、埼玉県熊谷市と共に観測史上2位の40.9度を観測した。

18日に岐阜県以外で気温が高かったのは、愛知県豊田市39.7度、名古屋市39.2度、京都市39.1度。美濃市と豊田市は、それぞれの地点の最高記録となった。

30度以上の真夏日となった所は全国観測点の7割、35度以上の猛暑日となった所は2割に上った。主要都市の最高気温は東京都心35.3度、大阪市37.0度、福岡市33.4度。

気象庁が13日に異例の記者会見を開き、7月下旬まで猛暑と熱中症に警戒するよう呼び掛けた後、岐阜、京都両府県を中心に厳しい暑さが続いている。西日本付近が太平洋高気圧と上空のチベット高気圧に覆われているのが要因で、晴れが続いて熱がたまった状態となった。

気象庁は19日についても、北海道と沖縄を除くほぼ全国に高温注意情報を発表。水分や塩分を小まめに取ったり、冷房を使ったりして熱中症を防ぐよう呼び掛けている。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 気象