演出家の浅利慶太さん死去、85歳=劇団四季創設メンバー

社会 文化

「キャッツ」「ライオンキング」などのミュージカル公演で知られる「劇団四季」の創設メンバーの一人で演出家の浅利慶太(あさり・けいた)さんが13日午後5時33分、悪性リンパ腫のため東京都内の病院で死去した。85歳だった。東京都出身。葬儀は親族で行い、後日お別れの会を開く。

新劇の劇団「築地小劇場」の創立同人だった浅利鶴雄さんの長男。劇作家加藤道夫さんに師事し、慶応大在学中の1953年、日下武史さんらと劇団四季を結成した。翌年の旗揚げ公演からフランスのジャン・アヌイとジャン・ジロドゥの作品を中心に上演。石原慎太郎さん、寺山修司さんらの創作劇などを上演後、シェークスピアの「ハムレット」など西欧演劇の古典作品に積極的に取り組んだ。

70年代に入ると「アプローズ」「ジーザス・クライスト=スーパースター」「ウェストサイド物語」など、米ブロードウェーの話題作を次々と翻訳上演。83年初演の「キャッツ」をはじめ、「オペラ座の怪人」「美女と野獣」「ライオンキング」などのロングラン公演を成功させた。「ミュージカル 李香蘭」(91年初演)などオリジナル作品も生み出し、日本におけるミュージカルの観客層を広げた。

イベントのプロデュースも手掛け、98年の長野冬季五輪では、大相撲の土俵入りなど日本の伝統色を強く打ち出した開会式を演出。中曽根康弘元首相ら政界人とも交友を持った。

2014年に劇団四季を離れ、翌年、浅利演出事務所を設立。「オンディーヌ」「ミュージカル 李香蘭」など四季時代に手掛けた作品の上演を続けた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 芸能 訃報