自動運転タクシー、公道で実験=都心で8月下旬から-日の丸交通など

経済・ビジネス 科学 技術

タクシー大手の日の丸交通(東京)とベンチャー企業のZMP(同)は18日、東京都心で自動運転タクシーの公道での実証実験を8月下旬に始めると発表した。同日、専用サイトで乗車希望者の募集を開始。両社によると、客を乗せて自動運転のタクシーが公道を営業走行するのは世界で初めて。2020年の実用化を目指す。

実証実験は8月27日から9月8日まで、東京都千代田区大手町と港区の六本木ヒルズとの間の約5.3キロの区間で実施。ミニバンにZMPが開発した自動運転システムを搭載し、車線変更や右左折、停止などの操作を自動で行う。運転席には日の丸交通の運転手が、助手席にはシステムに詳しいオペレーターが座り、緊急時などは対応するという。

東京都心の公道で8月下旬から実証実験を行う自動運転タクシーのイメージ図(ZMP提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 新技術