芥川賞に高橋弘希さん=直木賞は島本理生さん

社会 文化

第159回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が18日夕、東京・築地の新喜楽で開かれ、芥川賞に高橋弘希さん(38)の「送り火」(文学界5月号)、直木賞には島本理生さん(35)の「ファーストラヴ」(文芸春秋)がそれぞれ選ばれた。

芥川賞候補作で、既刊書籍との類似表現問題が議論を呼んだ北条裕子さん(32)の「美しい顔」は受賞を逃した。

高橋さんは4度目の候補で受賞した。作品は東京から青森へ転校した男子中学生が主人公。クラスのリーダー格の少年が時折見せる暴力性に翻弄(ほんろう)されていく過程を通じ、地方の土俗的コミュニティーと外部の人間の出合いが生む心理の絡み合いを描く。

選考委員の島田雅彦さんは「異世界に紛れ込んだかのようで、独特のタイムスリップ感も伴う。言葉で別世界を構築するフィクション本来の醍醐味(だいごみ)を示す快作」と受賞作を評価。

「美しい顔」については、東日本大震災の問題を扱う際に「事実を取り込んだ上で、自分なりのフィクション表現に昇華する努力が少し足りなかったのでは」と指摘した。

一方、芥川賞にも4度のノミネート歴がある島本さんは、2度目の直木賞候補で受賞を果たした。作品は女性心理士が主人公のリーガルサスペンス。父親を刺殺した女子大生と面会を重ね、自身の過去や義弟との関係を見詰め直す主人公の姿を通じ、「#MeToo(私も)」運動にも通じる性暴力被害の闇をあぶり出す。

選考委員の北方謙三さんは「文章が非常に抑制が利き、行間がある。平明でありながら、激しいものが立ち上がってくる。抑制の中できちんと闇をまさぐり、深い所に手が届く作品」と評した。

記念撮影する芥川賞の高橋弘希さん(右)と直木賞の島本理生さん=18日夜、東京都内のホテル

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース