麻生氏、車関税で再考要請=イラン制裁の影響懸念-日米財務相会談

政治・外交

【ブエノスアイレス時事】麻生太郎財務相は22日午前(日本時間同日深夜)、ムニューシン米財務長官と会談した。麻生氏は、米国が検討している自動車・同部品に対する追加関税の再考を要請。米国が再開したイランに対する経済制裁が日本企業にもたらす影響への懸念も表明した。

会談は、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで開かれた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の合間に行われた。

麻生氏は、日本の自動車関連企業による対米投資や現地雇用への貢献などを説明し、安全保障上の脅威ではないことを訴えたとみられる。イラン問題については、麻生氏は記者会見で「日本の懸念が払拭(ふっしょく)されることを期待している」と述べた。米側の対応については明らかにしなかった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 通商政策 米国