埼玉・熊谷で41.1度=国内最高、5年ぶり更新-熱中症防止を・気象庁

社会 暮らし

日本列島は23日、関東と東海を中心に猛烈な暑さとなった。気象庁によると、埼玉県熊谷市で午後2時16分に41.1度となり、国内の観測史上最高気温を約5年ぶりに更新した。

これまでの最高は高知県四万十市の「江川崎」観測点で2013年8月12日に観測した41.0度。熊谷市では07年8月16日に、岐阜県多治見市とともに江川崎に次ぐ40.9度を観測したことがある。

多治見市は今月18日に40.7度を観測したのに続き、23日も午後1時40分に40.7度を観測した。

一方、東京都青梅市では午後1時29分に40.8度を観測し、都内で観測史上初めて40度以上を記録した。東京都心(千代田区・北の丸公園)では同34分に39.0度を観測した。

甲府市では午後3時31分に40.3度を観測した。

気象庁は東北南部から九州に高温注意情報を発表。水分や塩分の補給、冷房の使用などで熱中症を防ぐよう呼び掛けている。

埼玉県熊谷市で気温が国内観測史上最高の41.1度を記録したことを示す看板=23日午後

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 健康・医療 気象