九州への観光客増で提携=100万人目標-アリババとJR九州

経済・ビジネス 旅と暮らし

中国の電子商取引大手アリババグループとJR九州は23日、九州を訪れる中国人観光客の増加を狙い提携すると発表した。アリババの旅行サイトや電子決済サービス「アリペイ」の活用促進、九州観光のモデルルート紹介などを通じて2023年度に100万人の来日を実現したい考え。

1日に1000万人以上が利用するアリババの旅行サイト「フリギー」に九州の観光地などを紹介。併せて、中国で月間6億人以上が使うアリペイの決済サービスに対応した小売店などを増やす。具体的にはJR九州が、グループ会社や地元企業にアリペイ導入を働き掛ける。

福岡市で23日記者会見したアリババグループ日本法人の香山誠社長は「アリペイの加盟店を数十万店に拡大したい」と話した。JR九州の唐池恒二会長は「100万人が九州を訪れれば2000億円の経済効果がある」と期待を示した。

記者会見でJR九州の唐池恒二会長(右)から鍵を受け取るアリババ日本法人の香山誠社長=23日午後、福岡市博多区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

観光 時事通信ニュース 提携・合併・買収 中国 観光政策 九州 JR九州 アリババ