岡山・真備町の断水解消=豪雨で被害、17日ぶり

社会 暮らし

西日本豪雨で大きな被害を受けた岡山県倉敷市真備町地区の断水が24日午前、17日ぶりに解消した。地区全域の約8900戸で水道水が飲めるようになった。

真備町地区では、浄水場が冠水し7日から断水が続いていた。約8900戸のうち、堤防が決壊した小田川より南側の約1300戸は16日に復旧。市などは北側の約7600戸について給水管の補修や試験通水、水質検査などを進め、安全性を確認した。

また、避難所や公民館には断水解消を知らせる張り紙を掲示し、広報車を走らせて周知を図った上で、24日午前9時に断水を解除した。

冠水した浄水場は洗浄が必要で、復旧の見通しは立っていない。別の浄水場から供給される水を増やして対応しているが余裕はなく、市は住民に節水を呼び掛けている。

真備町市場で洗濯物を干していた女性は「ありがたい。小学校まで水をもらいに行かなくていいのはすごく楽」とほっとした様子。同所の自営業森脇貢さん(73)の自宅にはこれまで、井戸水をもらいに1日3、4人が訪れていたという。森脇さんは「小学校に水をもらいに行くと20~30分待つと聞いた。少しずつ前に進んでいる」と話した。

断水が解消された真備町地区の住宅で水道の蛇口をひねる女性=24日午前、岡山県倉敷市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 災害 中国