「被害続いている」=夫亡くした高橋さん-オウム死刑執行

社会

「刑事司法としては終わりでも、被害は続いている」。地下鉄サリン事件で、霞ケ関駅助役だった夫一正さん=当時(50)=を亡くした高橋シズヱさん(71)は26日、東京都内で記者会見し、死刑が確定したオウム真理教元幹部13人全員の刑が執行されたことに、今なお癒えることのない思いを語った。

サリンの散布役だった豊田亨死刑囚(50)のことを考えていたところ、テレビのニュースで執行を知った。「動揺し、緊張した」。裁判を傍聴し、本人との面会を希望したが、かなわなかった。「遺族がどう思っているか伝えたかった。会って話をしたかった」と絞り出すように話した。

会見に出席する前、娘を亡くした遺族と連絡を取ったが、「これでやっと敵が討てた」と返事があったという。高橋さんは「後遺症を抱えた人も、事件に触れられない人もいる。被害はまだ続いている」と語り、厳しい表情を崩さなかった。

オウム真理教の元幹部ら6人の死刑執行を受け、記者会見する地下鉄サリン事件遺族の高橋シズヱさん=26日午前、東京・霞が関の司法記者クラブ

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 裁判 オウム真理教 死刑