将軍家光のかご発見=側近藩主に下賜-福井

社会 文化

福井県立若狭歴史博物館(小浜市)は31日、同市内の寺で徳川幕府の3代将軍家光が乗っていたかごが見つかったと発表した。徳川将軍家のかごはこれまでに3挺(ちょう)確認されているが、完全な形で現存するのは唯一とみられる。

かごは幅86センチ、奥行き118センチ、高さ102.5センチの大型。ヒノキから作った細いひもを編んだ物が全体に張り付けられた「総網代」で、つや出しに透明の漆が塗ってある。担ぎ棒は5メートル近くあり、将軍のかごを示す黒の漆が施されている。

昨年12月、禅寺「発心寺」で本堂の改修工事中に発見。本体は箱に入って天井からつり下げられ、担ぎ棒がはりに渡されていた。文献によると、家光の側近で、若狭の領地を与えられ小浜藩主となった酒井忠勝が1634(寛永11)年、上洛に同行。帰途、家光が「長い間よく仕えてくれた」と下賜した。

中世から近世の交通史に詳しい東京都江戸東京博物館の斎藤慎一学芸員は「将軍、大名クラスの乗り物は実物がほとんど確認されておらず、大変な驚き。近世交通史の重要な資料だ」とコメントした。かごは、若狭歴史博物館で8月1日から9月9日まで展示される。

福井県小浜市の発心寺で発見された、徳川家光が乗っていたかご(同県提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 北陸 文化・歴史(文系的) 福井 江戸時代 徳川幕府