「和の精神」で復興表現=東京五輪式典演出の野村萬斎さんら会見

スポーツ 文化

2020年東京五輪・パラリンピックの開閉会式の制作責任者が31日、東京都内で記者会見した。五輪とパラリンピックの計4式典を総合統括するチーフ・エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクターに就任した狂言師の野村萬斎さん(52)は「復興五輪の名に恥じないような、シンプルかつ和の精神に富んだ五輪・パラリンピックになるように全力を尽くす」と抱負を述べた。

野村さんは「大役に身が引き締まる思い」と言い、演出に関しては「見て分かるものにしたい。現在に生きる人の印象に残るように盛り上げたい」と語った。式典に出演してほしい人物を問われると、「当日のお楽しみ」と笑顔で返した。

五輪開閉会式の演出を担当する映画監督の山崎貴さん(54)は「生で見られない方にも熱気をどう伝えるか。仕組みを考えないといけない」。閉会式が長崎に原爆が投下された8月9日になることを踏まえ、「少しそこに関連付けたものができるといい」と構想の一端を披露した。

16年リオデジャネイロ五輪閉会式で、ゲームキャラクター「スーパーマリオ」に扮(ふん)した安倍晋三首相を登場させ、東京のPRを手掛けたクリエーティブディレクターの佐々木宏さん(63)はパラリンピックの演出を担う。「もっとすごいことをやらなければという気持ち」と意気込みを示し、「パラでもうひと盛り上がり、を目指したい」と語った。

記者会見した総合統括の狂言師・野村萬斎さん(中央)、五輪担当の映画監督の山崎貴さん(左)、パラリンピック担当のクリエーティブディレクターの佐々木宏さん=31日午前、東京都港区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース オリンピック一般もの スポーツ 東京五輪・パラリンピック