日大の出場停止は継続=秋のリーグ戦参加認めず-アメフット関東学連

スポーツ

関東学生アメリカンフットボール連盟は31日、東京都内で臨時理事会を開き、悪質タックル問題で日大に科した2018年度の公式試合出場資格停止処分を継続することを決めた。この日は処分解除の期限に設定されており、8月末に開幕する関東大学リーグへの日大の参加は不可能となった。理事会では、20人の討議で17人が早期解除を認めなかった。日大が来季リーグ復帰した場合は、1部リーグ下位のビッグ8に降格となる。

関東学連の検証委員会は、日大アメフット部が提出したチーム改善案の再発防止策について「日大全体で取り組まなければ実効性を伴わない施策については、その策定も実施もいまだ不確定・不十分」と結論付けた。また、日大の田中英寿理事長による反省や再発防止、組織改革の言明を期待するとした。

検証委は「危険タックルの問題は、競技に関わる者の倫理観や人間性にもつながる。日大アメフット部の指導者も選手も、その点の認識が甘かった」と指摘。改善案では、こうした倫理観の低下について掘り下げられていないとした。

関東学連の柿沢優二理事長は、日大のリーグ不参加について「誠に残念な結果だと思う。日大のガバナンス(統治)に憤りを感じる」と述べた。森本啓司専務理事は、日大の田中理事長について「再建のためにキーになる方。動きを注視したい」と述べた。

この問題で関東学連は、日大選手に危険なプレーを指示して関学大選手を負傷させたとして、内田正人前監督、井上奨元コーチを除名処分としている。

臨時理事会を終え、記者会見する関東学生アメリカンフットボール連盟の柿沢優二理事長(右)と森本啓司専務理事=31日午後、東京都港区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース スポーツ アメリカンフットボール