20年度までに公営住宅へ=岩手、宮城の被災者-安倍首相

政治・外交

安倍晋三首相は2日、東日本大震災からの復興状況を確認するため宮城県を視察した。この後、東松島市で記者団に、岩手、宮城両県で仮設住宅に住む被災者について、政府が復興・創生期間と位置付ける2020年度までに災害公営住宅への転居を完了させる方針を示した。首相は「住まいの確保は復興に向けた重要な一歩だ。仮設生活を解消するため全力を尽くす」と強調した。

仮設住宅を訪れ、入居者たちとハンドマッサージ体験をする安倍晋三首相(中央右)=2日午前、宮城県石巻市(代表撮影)

「いしのまき元気いちば」に視察に訪れ、鮮魚店でホヤに手を伸ばす安倍晋三首相=2日午後、宮城県石巻市(代表撮影)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 東北