北朝鮮制裁、完全履行を=河野氏、日朝協議に意欲-日米外相会談

政治・外交

【シンガポール時事】河野太郎外相は4日、米国のポンペオ国務長官とシンガポールで会談した。北朝鮮の核を含む大量破壊兵器や弾道ミサイルの「完全で検証可能かつ不可逆的な廃棄(CVID)」を目指すことを確認。国連安全保障理事会の制裁決議の完全履行に向け、協力していく方針で一致した。ポンペオ氏は、米国が3日に発表した北朝鮮への追加制裁について説明した。

河野氏は3日、北朝鮮の李容浩外相と短時間立ち話をしており、ポンペオ氏に概要を伝達。日本人拉致問題を早期に解決するため「米国をはじめ国際社会と連携しながら、日本が北朝鮮と直接協議して、あらゆる手を尽くす決意だ」と強調した。

米国による対イラン制裁をめぐっても協議した。河野氏は、日本企業に悪影響を及ぼさないよう求めたとみられる。

河野氏は、ポンペオ氏が先に表明したインド太平洋地域への大型投資を高く評価。「自由で開かれたインド太平洋戦略」を共に推進していくことを申し合わせた。

握手する河野太郎外相(右)とポンペオ米国務長官=4日、シンガポール(AFP時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 外交 北朝鮮 米国