西日本豪雨の災害廃棄物、290万トン=被災3県、熊本地震に匹敵-中川環境相

社会 暮らし 政治・外交

中川雅治環境相は7日の閣議後記者会見で、西日本豪雨により発生した災害廃棄物が岡山、広島、愛媛の3県合計で推計約290万トンに達したと発表した。環境相は「8月中には(学校の校庭など)身近な仮置き場から撤去できる見通しだ」と述べた。

各県が発表した推計量を環境省が積算した。2016年の熊本地震で発生した約303万トンに匹敵する量で、県別で見ると岡山県が約41万トン、広島県が約196万トン、愛媛県が約53万トン。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 災害 環境行政(生物多様性も、統計類も) 中国 四国