「一日も早く返して」=安田さん妻が訴え-東京

社会

シリアで行方不明になっているジャーナリスト安田純平さん(44)の妻が7日、東京都内の日本記者クラブで会見を開き、拘束しているとみられるイスラム過激派組織に対し「一日も早く返してください」と呼び掛けた。消息が途絶えて以降、妻が公の場に出て救出を求めるのは初めて。

安田さんは2015年6月、取材目的でトルコ南部からシリア北西部に入った後、行方不明に。今年7月には安田さんとみられる男性が助けを求める新たな動画の存在が明らかになった。

妻で歌手のMyu(ミュウ)さんは動画の男性は本人とした上で、「政府が救出に動いており3年間沈黙を守ってきたが、銃口を突き付けられている映像を見て状況が切迫しているのではないか」と、言葉を詰まらせながら会見した理由を明かした。

政府からは細かな状況などは聞かされていないという。組織から身代金を要求されているかどうかも「私の方には一切入ってきていない」と述べた。「主人には、(新聞などで)報道されていない現実を伝えたいという信念と覚悟があった。一刻も早く日本の地を踏んでほしい」と力を込めた。

会見で安田純平さんの一日も早い救出を求める、妻で歌手のMyu(ミュウ)さん=7日午後、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 安全・危機管理 中東 シリア