大塚家具、3期連続赤字へ=黒字予想から一転、販売不振-18年12月期

経済・ビジネス

経営不振に陥っている大塚家具は7日、2018年12月期の業績見通しを下方修正し、純損益が34億2600万円の赤字となると発表した。従来予想は13億9000万円の黒字。大型店を中心とした販売不振が響いた格好で、3期連続の最終赤字となる。

大塚家具は経営立て直しに向け、昨年11月に資本業務提携した貸会議室大手ティーケーピー(TKP)などと、提携強化や資本増強を検討中。ただ、業績のさらなる悪化で、再建の行方が一段と不透明になる可能性もある。

大塚家具では、大塚久美子社長と実父で創業者の勝久氏による経営方針をめぐる対立でブランドイメージが悪化。さらにニトリなど競合他社に押され、販売低迷が続いている。

18年12月期では、売上高を456億円から376億円に、営業損益を2億円の黒字から51億円の赤字にそれぞれ下方修正。会計上の在庫評価の見直しに伴う損失も計上した。また年間10円としていた配当予想は未定とした。

同社は14日に18年6月中間決算を発表する。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想 経営一般 提携・合併・買収