安倍首相訪中、10月23日軸に調整=友好条約発効40年に合わせ

政治・外交

安倍晋三首相の中国訪問について、日中両政府が日中平和友好条約の発効から40年となる10月23日を軸に調整していることが分かった。日本政府関係者が17日、明らかにした。北京での習近平国家主席との首脳会談や地方を視察する案が検討されている。

首相訪中は9月の自民党総裁選で3選することが前提で、具体的な日程は総裁選後に詰める見通し。来年の参院選などをにらみ、日中関係改善を外交成果としてアピールする狙いがあるとみられる。日本側は、首相訪中を習氏の来日につなげたい考えだ。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 中国