米ファンド、大塚家具の全株売却=6.4%保有

経済・ビジネス

米投資ファンドのブランデス・インベストメント・パートナーズが、保有する大塚家具株を15日時点で全て売却していたことが20日、分かった。6.41%を保有する大株主だった。

ブランデス社が関東財務局に提出した大量保有報告書で判明した。同社は約10年にわたり大塚家具株を保有。売却前は大塚一族の資産管理会社、ききょう企画(東京)、貸会議室大手ティーケーピー(TKP)に並ぶ大株主だった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 資金運用・調達・新規上場