大阪ガス、トイレの空席を「見える化」=快適性向上へ新サービス

経済・ビジネス

大阪ガスは21日、IT関連ベンチャーのバカン(東京)と連携し、オフィスビルや商業施設のトイレの空き状況をインターネットを通じてリアルタイムに知らせる新サービス「イークルトイレット」を9月1日から始めると発表した。トイレ利用者のストレス軽減や不審者対策などにつなげ、より快適なトイレの実現を図る。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など 新サービス トイレ