台風20号、23日午後に西日本へ=非常に強い勢力、風雨や高波に厳重警戒・気象庁

社会

台風20号は22日、非常に強い勢力に発達し、小笠原諸島の西を北西に進んだ。23日午後、あまり勢力を落とさず紀伊半島か四国に上陸する見込み。24日朝には日本海に抜けた後、夜までに温帯低気圧に変わり、25日に北海道に近づく見通し。

台風19号の影響で大雨が降った紀伊半島から九州の太平洋側では、20号の雨量と合わせ計1000ミリ超の記録的大雨となる所もある見込み。西日本豪雨の被災地でも大雨の可能性がある。

気象庁は土砂災害や低地の浸水、河川の増水・氾濫、暴風や高波に厳重に警戒するよう呼び掛けた。瀬戸内海側でも大雨となるほか、高潮の恐れもあり注意が必要。

23日にかけて予想される最大瞬間風速は四国55メートル、近畿と中国50メートル、東海と北陸35メートル。波の高さは近畿と四国10メートル、東海9メートル、小笠原諸島8メートルの見込み。

23日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、東海と四国300ミリ、近畿250ミリ。その後24日午後6時までの同雨量は四国600~800ミリ、近畿400~600ミリ、東海300~500ミリ、甲信200~300ミリ、北陸や関東、中国100~200ミリの見込み。

一方、強い台風19号は22日、九州の西海上を北西に遠ざかった。勢力は弱まったが、九州北部では23日まで強風や高波などに注意が必要だ。

20号は22日午後9時、小笠原諸島のはるか西の海上を時速35キロで北西に進んだ。中心気圧は950ヘクトパスカル、最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。東側170キロ以内と西側110キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、東側560キロ以内と西側280キロ以内が風速15メートル以上の強風域。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 気象 北海道