野田総務相、不出馬を表明=安倍首相支持へ-自民総裁選

政治・外交

野田聖子総務相(57)は31日、衆院議員会館で記者会見し、自民党総裁選(9月7日告示、20日投開票)への出馬を断念したと正式に表明した。野田氏は、立候補に必要な推薦人を確保できなかったと明らかにした上で、「私の力不足だ」と述べた。これにより、総裁選は安倍晋三首相(63)と石破茂元幹事長(61)との一騎打ちの構図となることが固まった。

野田氏は、首相、石破氏のどちらを支持するかについては「出馬を断念したばかりだ。地元に報告してから決めたい」と述べるにとどめた。ただ、周辺によると、野田氏を同志的に支えてきた浜田靖一元防衛相、小此木八郎国家公安委員長らとともに首相支持に回る見通しだ。

会見で野田氏は、次期総裁選に関し「女性候補が常に出てくる環境整備をしなければならない。歯を食いしばって自分の役割を果たしていければ」と述べ、意欲をにじませた。「漫然と集うのではなく同志の固まりづくりをスタートさせたい」と、新たなグループ創設にも言及した。

記者会見で自民党総裁選への立候補断念を表明する野田聖子総務相(左)。右は浜田靖一元防衛相=31日午後、衆院第1議員会館

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政党