海洋放出案に反対相次ぐ=トリチウム水、タンク保管検討-東京・福島で公聴会

社会

東京電力福島第1原発から出る放射性物質トリチウムを含んだ水の処理方法について、資源エネルギー庁の小委員会は31日、東京都内で国民の意見を聴く公聴会を開いた。30日の福島県富岡町での公聴会と同様、海洋放出案への反対意見が相次いだ。小委はタンクでの保管継続も検討。政府は今後、処理方法を決定する。

東京電力福島第1原発から出るトリチウムを含む水の処理方法に関する公聴会=31日午後、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安全・危機管理 東北