無免許で大型バイク運転=2人の身元判明、中3少女も-8人死傷事故・奈良県警

社会

奈良市で10代の男女ら8人が死傷したバイク3台の転倒事故で、3台のうち1台は大型バイクで、誰も大型自動二輪車免許を取得していなかったことが31日、奈良県警への取材で分かった。県警は自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)に加え、道路交通法違反(無免許運転)の疑いがあるとみて捜査する。

一方、死者6人のうち身元が分かっていなかった2人は、奈良市の男性(17)と同県大和郡山市の市立中学3年の女子生徒(14)と判明。2人が負傷しており、奈良市の女性(17)が外傷性くも膜下出血などで重傷、同市立中学3年の女子生徒(14)が足を打撲するなどの軽傷という。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 奈良市