南海トラフ備え対応確認=「防災の日」で総合訓練-政府

政治・外交 暮らし

政府は「防災の日」の1日、南海トラフ地震を想定した総合防災訓練を実施した。全閣僚が徒歩で首相官邸に参集し、安倍晋三首相を本部長とする緊急災害対策本部を設置。宮崎県庁とテレビ会議でつなぎ被害状況を確認した。

訓練は午前7時10分ごろ、和歌山県南方沖でマグニチュード9.1の地震が起き、静岡や宮崎など9県が震度7、大阪や広島など10府県が震度6強の揺れに襲われたと想定。官邸と宮崎県とのテレビ会議では、河野俊嗣知事が現地の被害状況を報告し、救援物資の支援などを要請した。

対策本部会議に続いて開かれた臨時閣議の後に記者会見した首相は、「被災自治体と緊密に連携しながら政府の総力を挙げて災害対応に当たっていく。国民の皆さまは今後の地震活動や津波、火災や落下物に厳重に警戒し、安全な場所に避難するなど命を守る行動を取ってください」と国民に呼び掛けた。

緊急災害対策本部会議に臨む安倍晋三首相(左から2人目)。左端は小此木八郎防災担当相=1日午前、首相官邸

首都圏の9都県市による合同防災訓練で、小中学生と簡易担架作りの訓練に参加する安倍晋三首相(手前右端)=1日午前、川崎市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 防災政策・災害対策 川崎市 九州