サンマ、早くも100円で特売=北海道の水揚げが回復

経済・ビジネス 社会 暮らし

不漁が続いていたサンマの水揚げが北海道で急増し、全国の消費地で取引価格が値下がりしている。首都圏のスーパーなどでは、1匹100円前後での特売をいち早く実施する店も現れた。ここ数年は品薄で高値続きだった秋の味覚が、今年は安く食べられそうだ。

今年のサンマ漁は7月上旬の解禁直後から不振が続いていたが、8月下旬に入り北海道沖で漁獲が回復。主産地の根室港では、水揚げ量が秋本番のピーク時に匹敵する1日当たり1300トン超を2回も記録した。同港は8月合計の水揚げ量も前年を4割近く上回った。

豊富な水揚げを受け、東京・築地市場(中央区)では入荷が増えた8月30日以降に卸値が急落。主力の130グラム型が1キロ当たり400円前後と、不漁だった前年のほぼ半値で、漁獲が少なかった8月中旬以前の3分の1近くにまで下げている。

首都圏のスーパーなどでも8月30日以降、店頭価格を8月中旬ごろのほぼ半値となる1匹当たり150円前後に値下げしている。一部の店舗では「1匹100円の特売も実施している」と首都圏の中堅スーパー。不漁が続いた2015年以降、ほとんどの量販店で特売ができなかったため、この時期の安売りは数年ぶりだという。

北海道で水揚げが急増し、値下がりしているサンマ。1匹100円前後で特売する小売店も現れた=1日午前、東京都中央区の築地市場

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 消費・販売(小売売上・個人消費等) 食=美食・食の安全 販売・価格改定・販促・見本市など