台風21号、四国・近畿縦断=東北・北海道沖を北上-7人死亡、負傷者も

社会

台風21号は4日正午ごろ、非常に強い勢力で徳島県南部に上陸し、午後2時ごろ神戸市付近に再上陸した後、強い勢力となって京都府舞鶴市沖の日本海へ抜けた。近畿や四国、東海、北陸を中心に猛烈な風雨となり、近畿沿岸では高潮が発生。気象庁は厳重な警戒を呼び掛けた。

21号は4日夜から5日朝にかけて日本海の東北・北海道沖を北上し、温帯低気圧に変わると予想される。台風が非常に強い勢力で上陸したのは1993年の台風13号以来、25年ぶり。

最大瞬間風速は、関西国際空港で4日午後1時40分ごろに58.1メートル、和歌山市で同1時20分ごろに57.4メートルを観測。高知県田野町では午前10時ごろまでの1時間に92.0ミリ、兵庫県淡路市では午後1時10分ごろまでの1時間に85.5ミリの猛烈な雨が降った。

各地に土砂災害警戒情報や避難指示・勧告が出され、大阪府と滋賀県、三重県で計7人が死亡し、各地で負傷者が出た。

21号は5日午前0時、北海道・奥尻島の南南西約140キロの海上を時速80キロで北北東へ進んだ。中心気圧は975ヘクトパスカル、最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。南東側110キロ以内と北西側60キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、南東側560キロ以内と北西側220キロ以内が風速15メートル以上の強風域。

6日午前0時までの24時間予想雨量は多い所で、東海と関東甲信、北海道150ミリ、北陸と東北120ミリ。

台風21号による激しい風雨の中、JR大阪駅前を歩く人たち=4日午後、大阪市北区

台風21号の影響で倒れた御堂筋の街路樹=4日午後、大阪市中央区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 気象