電力供給で78億円支援=日エクアドル首脳会談

政治・外交

安倍晋三首相は5日、エクアドルのモレノ大統領と首相官邸で会談し、電力や情報通信技術(ICT)分野などでの連携強化で一致した。エクアドル国内の安定した電力供給のため、日本政府が送配電網の整備などに7000万ドル(約78億4000万円)の有償資金協力を実施することも確認した。

ICT分野では、日本方式の地上デジタル放送に移行するエクアドルに対し、日本が技術支援することなどを盛り込んだ覚書を結んだ。

儀仗(ぎじょう)隊の前を歩くエクアドルのモレノ大統領(手前右)と安倍晋三首相(左から2人目)=5日午後、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交