少年に懲役4~7年=高3少女嘱託殺人-東京地裁

社会

東京都台東区のマンションで昨年5月、住人の高校3年の少女=当時(17)=の遺体が見つかった事件で、少女の交際相手で、嘱託殺人や現住建造物等放火などの罪に問われた少年(19)の裁判員裁判の判決が7日、東京地裁であり、鈴木巧裁判長は懲役4~7年の不定期刑(求刑懲役5~10年)を言い渡した。

鈴木裁判長は判決で、少年は事件当日に初めて殺害を依頼され、「回避手段があったのに手を尽くさなかった。命の重さを軽視している」と非難。放火についても、嘱託殺人の責任から逃れるためだったとした。

弁護側は家裁で少年審判を開くよう求めていたが、「犯行には少年としての未熟さが影響しているが、動機は悪質で、刑事処分で臨むほかない」と退けた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 裁判