米、対中制裁30兆円上乗せか=日本は貿易合意ないと後悔-トランプ氏

経済・ビジネス 政治・外交

【ワシントン時事】トランプ米大統領は7日、中国からの輸入品2670億ドル(約30兆円)相当に制裁関税を課す用意があると明らかにした。近く発動を判断する2000億ドル相当の輸入品への制裁や実施済みの制裁も合計すると、対象は5000億ドルを超え、中国からの全ての輸入品に制裁関税が課されることになる。貿易戦争が深刻化するのは必至だ。

トランプ氏はまた、米国が対日貿易協議を始めたと語った。合意しなければ「日本は後悔する」と強調。対日貿易赤字の是正に向け、2国間協定交渉入りに意欲をにじませた。

ホワイトハウスのウォルターズ報道担当官は、トランプ氏が日本などの貿易障壁を問題視していると指摘。「大統領と安倍晋三首相は4月、2国間貿易をさらに強化することで一致した。両国は経済対話などを通じ、障壁への対処策について緊密に連携している」と説明した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 通商・貿易・対外投資 通商政策 中国 米国