白石容疑者、強盗殺人罪で起訴=座間アパート9遺体-東京地検支部

社会

神奈川県座間市のアパートで男女9人の遺体が見つかった事件で、東京地検立川支部は10日、9人への強盗・強制性交殺人と強盗殺人などの罪で白石隆浩容疑者(27)を起訴した。同容疑者は殺人容疑などで逮捕されたが、「金を奪った」「わいせつ目的だった」と供述したことから、量刑の重い強盗殺人などの罪に切り替えた。同支部は、認否を明らかにしていない。

社会を震撼(しんかん)させた大量殺人事件は、法廷へと解明の舞台が移ることになった。公判前整理手続きを経て、裁判員裁判で審理される見通しだ。

起訴状などによると、白石容疑者は2017年8~10月、主に自殺に関するツイッターで知り合った1都4県の15~26歳の男女9人を座間市の自宅アパートに誘い込み、ロープで首を絞めて殺害し、所持金などを奪った上、遺体を解体して遺棄。このうち女性8人に対しては、暴行も加えたとされる。

白石容疑者は9人への殺人、死体遺棄容疑などで計10回逮捕されていた。捜査関係者によると、容疑を一貫して認めているという。

白石隆浩容疑者(フェイスブックより)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪