パイオニア、ファンドとスポンサー支援で基本合意=500億~600億円出資

経済・ビジネス

パイオニアは12日、ベアリング・プライベート・エクイティ・アジア(BPEA)傘下のファンドとの間で、スポンサー支援に関する基本合意書を締結したと発表した。ファンドは500億~600億円をめどに出資する意向を表明。この第三者割当増資の引き受けに先立ち、18日付で総額250億円のブリッジローンを実施する。パイオニアはこの融資を運転資金や既存借入金の返済に充当する。正式契約の締結は10月末まで、第三者割当の払い込みは12月末までの予定。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 資金運用・調達・新規上場