安倍首相、来月訪中=北朝鮮非核化へ連携-日中首脳会談

政治・外交

【ウラジオストク時事】安倍晋三首相は12日、訪問先のロシア・ウラジオストクで中国の習近平国家主席と約40分間会談した。両首脳は、日中平和友好条約発効から40年に当たる10月の首相訪中に向け、最終調整することで一致。北朝鮮の非核化を実現するため、緊密に連携することも確認した。

両首脳の会談は昨年11月のベトナム・ダナン以来で7回目。10月の首相訪中は、今月20日投開票の自民党総裁選での3選が前提となる。

会談で、習氏は「首相の中国訪問を歓迎する」と表明。日中両政府は今後、条約が発効した10月23日を軸に日程を調整する。首相は習氏に対し、早期の来日を改めて呼び掛け、習氏は「留意する」と述べた。

会談後、首相は「両首脳の往来により、日中関係を新たな段階に押し上げ、北東アジアの平和と繁栄の礎を築き上げたい」と記者団に強調した。

北朝鮮問題をめぐり、両首脳は国連安全保障理事会による制裁決議の完全な履行を確認。日本人拉致問題の早期解決について、習氏は「完全な支持」を明言した。

会談する中国の習近平国家主席(右から2人目)と安倍晋三首相=12日、ロシア・ウラジオストク(代表撮影)

会談で握手する中国の習近平国家主席(右)と安倍晋三首相=12日、ロシア・ウラジオストク(代表撮影)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 中国 ロシア