プーチン大統領、年内に日ロ平和条約を=「前提条件なしで」-領土問題棚上げ狙う

政治・外交

【ウラジオストク時事】ロシアのプーチン大統領は12日、日本とロシアの平和条約について「年末までにいかなる前提条件もなしで締結しよう」と提案した。北方領土問題を事実上棚上げし、平和条約締結を先行させようとの提案で、安倍晋三首相も参加してウラジオストクで開かれた「東方経済フォーラム」全体会合で司会者の質問に応じる形で発言した。

北方四島の帰属問題を解決して平和条約を締結するというのが日本政府の立場。プーチン氏が平和条約締結の期限を提案したのは初めてで、大きな波紋が広がりそうだ。

プーチン氏は、北方領土問題を念頭に「平和条約に基づき、友人としてすべての係争中の問題に関する議論を続ける。このことが70年間乗り越えることができなかったすべての問題の解決を容易にするように思える」と訴えた。

プーチン氏は平和条約締結後に北方領土の色丹島と歯舞群島の引き渡しをうたった1956年の日ソ共同宣言に言及した上で、「日本が履行を拒否した」と述べ、その結果、戦後70年にわたって交渉が続いていると主張。その上で「(安倍)晋三(首相)はアプローチを変えようと言った」と語り、「今、思い付いた考え」として、年内の平和条約締結を提案した。提案は「冗談で言ったのではない」とも語った。

東方経済フォーラムに臨む(左から)安倍晋三首相、中国の習近平国家主席、ロシアのプーチン大統領ら=12日午後、ロシア・ウラジオストク

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 ロシア