3月12日に採火、到着は20日=20年東京五輪聖火リレー

スポーツ

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は12日、古代オリンピック発祥の地、ギリシャ・オリンピアのヘラ神殿跡で行われる聖火の採火式が20年3月12日に決まったと発表した。ギリシャ国内を8日間で回り、19日にアテネのパナシナイコスタジアムで日本への引き継ぎ式が行われる。

聖火は大会理念の一つである東日本大震災からの復興支援の一環として、20日に宮城県東松島市の航空自衛隊松島基地に到着。リレーに先立ち同日から「復興の火」として宮城、岩手、福島の順に被災3県で2日ずつ巡回展示される。26日に福島県から国内のリレーが始まり、7月24日の開会式までの121日間で47都道府県を回る。

ギリシャでの採火式、引き継ぎ式の日程は組織委が国際オリンピック委員会(IOC)、ギリシャ・オリンピック委員会と協議して合意した。

国内の具体的なルート案は各都道府県が検討し、年末をめどに組織委に提示。19年夏頃にルートが発表され、ランナーの選定に入る。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース オリンピック一般もの スポーツ 東北