大坂選手「知らなかった経験できた」=全米優勝、笑顔で帰国-女子テニス

スポーツ

テニスの四大大会、全米オープンの女子シングルスで日本選手として初優勝を果たした大坂なおみ選手(20)=日清食品=が13日、横浜市内で帰国記者会見に臨んだ。150人近い報道陣を前に「少し(優勝したという)気持ちになってきている」と心境を語った。

大坂選手はこの日早朝羽田空港に到着。少し疲れた様子をのぞかせて「眠いけれど、すごくハッピーな気持ち」。午前9時半からの会見では明るい笑顔を振りまいた。

全米を振り返り、「たくさんのことを成し遂げられた。これまで知らなかった経験ができた」。男子シングルスで4強入りした錦織圭選手(日清食品)から「おめでとう」とメッセージが届いたことも明かし、「たくさんのメールをもらった中で、一番うれしかった」と語った。

日本代表として出場を目指す2年後の東京五輪について問われ、「とても楽しみにしている。もしプレーできるなら、当然狙うのは金メダル。それを目標に頑張りたい」と前向きに話した。

17日に始まる東レ・パンパシフィック・オープン(東京・アリーナ立川立飛)に出場予定。「次の大会でもいいプレーができればいい」と意気込んだ。

大坂選手は日産自動車の「ブランドアンバサダー」にも就任し、帰国会見に続いて発表会に出席するなど、到着早々大忙しとなった。

テニスの全米オープン女子シングルスで日本選手として初優勝を果たし、帰国した大坂なおみ(中央)=13日午前、東京・羽田空港

日産のブランドアンバサダーに就任し、プレーを披露する大坂なおみ(中央)=13日午前、横浜市西区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース スポーツ テニス