ゾゾタウン前沢氏、月周回旅行へ=23年に最初の乗客-米宇宙企業

科学 社会 技術

【ホーソーン(米カリフォルニア州)時事】米宇宙開発企業スペースXは17日夕(日本時間18日午前)、宇宙船で月の周りを飛行する旅行の最初の乗客として、日本最大級のファッション通販サイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」の運営会社社長、前沢友作氏(42)が内定したと発表した。2023年に実施する予定という。

人類の月周辺への渡航が実現すれば、米国が人類初の月面着陸を成し遂げたアポロ計画(1960年代~70年代)以来となる。民間人では初めて。期間は4、5日と想定される。

カリフォルニア州ロサンゼルス近郊のスペースX本社で開かれた発表イベントに現れた前沢氏は「一生の夢だった」と喜びを語った。美術ファンという前沢氏は、アーティストを同乗させる計画も披露した。契約金額は明らかにしていない。

月周回には、開発中の「BFR」と呼ばれる大型ロケットを使用する。米紙ウォール・ストリート・ジャーナルによると、BFRは試験飛行までに1、2年かかるとみられている。

スペースXは2017年2月に月周回旅行の計画を発表。参加を希望する民間人2人が手付金を支払っており、当初は18年中にBFRとは別のロケットで実施すると説明されていた。

商業宇宙旅行をめぐっては、アマゾン・ドット・コム創業者のジェフ・ベゾス氏が設立した企業ブルーオリジンも、短時間で地上と宇宙空間を行き来する事業の実現を目指している。

米宇宙開発企業スペースXの月周回旅行の最初の乗客に選ばれた前沢友作氏=17日、カリフォルニア州ホーソーン

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 宇宙 科学技術 米国