朝鮮学校側が逆転敗訴=国の処分「違法と言えず」-高校無償化除外訴訟・大阪高裁

社会

国が朝鮮学校を高校授業料無償化の対象から除外したのは差別で違法として、大阪朝鮮高級学校(大阪府東大阪市)を運営する学校法人大阪朝鮮学園が国に処分取り消しなどを求めた訴訟の控訴審判決が27日、大阪高裁であった。高橋譲裁判長は国の処分を「違法とは言えない」と述べ、学園側の訴えを認めた一審大阪地裁判決を取り消し、請求を退けた。学園側は上告する方針。

同種訴訟は全国5高・地裁で係争中で二審判決は初めて。広島、東京、名古屋の3地裁は原告の請求を退け、福岡地裁小倉支部は来年3月に判決が予定されている。

朝鮮学校の高校無償化除外をめぐる控訴審判決を受け、大阪高裁前で「不当判決」の垂れ幕を掲げる弁護士=27日午後、大阪市北区

朝鮮学校の高校無償化除外をめぐる控訴審判決で、大阪高裁に向かう原告団ら=27日午後、大阪市北区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 裁判