米爆撃機と共同訓練=東シナ海で、中国けん制-空自

社会 政治・外交

防衛省航空幕僚監部は28日、核兵器搭載可能な米軍の戦略爆撃機B52と航空自衛隊の戦闘機が東シナ海で共同訓練を行ったと発表した。空幕によると、中国が領有権を主張する尖閣諸島のある東シナ海で空自とB52による共同訓練を公表するのは初めて。中国をけん制する狙いがあるとみられる。

訓練は27日、東シナ海と日本海上空で実施。空自からは那覇基地(沖縄県)、築城基地(福岡県)、小松基地(石川県)、千歳基地(北海道)からF15戦闘機など計16機、米軍からはB52が1機参加した。各基地から4機ずつ発進し、東シナ海から日本海を北上する形で順次編隊飛行訓練を行ったとみられる。

共同訓練を行う航空自衛隊のF15戦闘機(手前2機)と米軍の戦略爆撃機B52(奥)=27日、日本海上空(空自提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 中国 沖縄 自衛隊 米軍 航空自衛隊 東シナ海