排ガス不正、1869台に拡大=ブレーキ検査でも違反-スバル

経済・ビジネス

SUBARU(スバル)は28日、6月に発覚した新車出荷時の燃費・排ガス検査の不正について、国土交通省に報告書を提出した。速度の基準を逸脱した時間や、検査室の温度などを書き換えた事例が新たに判明し、不正の台数は従来の1551台から1869台に拡大。ブレーキ性能など他の検査で行われたルール違反も明らかになった。

中村知美社長は同日夕の記者会見で「顧客に大変な迷惑を掛け、改めておわびする」と陳謝。経営責任を問われ、「再発防止策を着実に実行し、成果を挙げる」と述べて辞任は否定した。検査で不正があったブレーキなどに関しては、安全性の基準を満たしていると説明。リコール(回収・無償修理)の必要性は、「国交省と相談してしかるべき判断をする」と語った。

不正はスバルの群馬製作所(群馬県太田市)で発覚。燃費や排ガスを検査した際の書き換え行為について、外部専門家がまとめた報告書は「長年にわたって測定業務の一部として継続的に行われていた」と断じた。「経営陣は検査の重要性の自覚が乏しかった」とも批判した。不正は1990年代前半から行われていた可能性があるという。

原因として、検査をやり直した車両は新車として販売できなくなることや、検査員の負担増大などを挙げた。閉鎖的な企業風土を背景に「(検査員の)規範意識が著しく鈍磨(どんま)していた」とも指摘した。

スバルは再発防止策として、検査担当部署を製造部門から切り離し、独立性を高める方針を示した。経営陣の意識改革や社員教育の徹底を盛り込んだ。

スバルでは昨年秋に新車の無資格検査が判明して以降、品質関連の不正が相次いで明るみに出ており、法令順守体制の強化が課題となっている。

国土交通省に検査不正の報告書を提出するSUBARU(スバル)の中村知美社長(右)=28日午後、東京・霞が関

排ガス不正に関して記者会見するSUBARU(スバル)の中村知美社長=28日午後、東京都

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 その他企業(事業継続BCP・リスク管理)