台風24号、紀伊半島付近に30日上陸か=東、北日本縦断へ-暴風、高潮などに厳戒

社会

大型で非常に強い台風24号は29日、沖縄近海で徐々に進路を変え、北東に進んだ。速度を上げながら九州の南海上を通過し、30日午後に紀伊半島付近に上陸する見込み。その後、10月1日にかけて東日本、北日本を縦断すると予測される。

勢力を保ったまま近づくため、紀伊半島から東日本太平洋側では、これまでの観測記録を上回る暴風の恐れがある。気象庁は大雨や暴風、高波、高潮に厳重に警戒し、早めに避難するなどの対応を呼び掛けた。

沖縄や奄美では29日、猛烈な風や激しい雨となった。沖縄県南城市で午前10時前、この地点の観測史上最も強い最大瞬間風速56.2メートルを観測。鹿児島県・与論島で午後11時10分ごろ56.6メートルを記録した。前線の活動が活発になり、台風から離れた場所でも大雨になった。和歌山県新宮市では午後2時前までの1時間に93.5ミリの雨が降った。

30日までに予想される最大瞬間風速は沖縄と奄美、九州南部、四国、近畿、東海60メートル、九州北部と関東甲信50メートル、北陸45メートル、中国と東北35メートル。波の高さは奄美から東海の太平洋側13メートル、伊豆諸島12メートル、沖縄11メートル、関東10メートル、九州北部8メートル、東北7メートル。

10月1日午前0時までの24時間予想雨量は多い所で、近畿と東海500ミリ、九州と四国、関東甲信400ミリ、中国250ミリ、奄美と北陸200ミリ。その後、2日午前0時までの同雨量は関東甲信300~500ミリ、東北と北陸100~200ミリ、東海と北海道100~150ミリ。

沖縄県によると、強風で自宅の窓ガラスが割れ、室内にいた南風原町の30代男性が左腕を切るなど35人が重軽傷を負った。沖縄電力によると、一時約25万戸が停電した。

24号は30日午前0時、鹿児島県・徳之島の北北西約80キロの海上を、時速25キロで北北東に進んだ。中心気圧は950ヘクトパスカル、最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。南東側280キロ以内と北西側220キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、南西側650キロ以内と北東側560キロ以内が風速15メートル以上の強風域。

台風24号の強風で倒れた自転車と折れた枝=29日午後、那覇市

台風24号の影響で倒れ、歩道をふさいだ街路樹=29日午後、那覇市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 気象